アートと食い物とMINI(SOLD OUT)とスノーボードとスケートボードとサーフィンとピストとMTBの札幌ライフ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
アート
食い物
飲み物
MINI
スノーボード
ユキイタ
スケートボード
サーフィン
マウンテンバイク
ピスト
LIFE
某氏の語り
お仕事
以前の記事
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
more...
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
キャッチボール
WBCすごかったですね。
感動ですね。

さっそく影響を受け、昼休みに同僚とキャッチボールしました。

ちゃんとグローブしてキャッチボールするなんざ20数年ぶりでした。
問題なく出来るけど昔はもっと肩が回ったような。
まぁ右腕おかしいのもありますが。

ジーっと見てる子がおりました。
キャッチボールって子供を引き付けますよね。

僕がするスポーツは、個人スポーツが多いんです。
テニスもそうやしね。
もちろん団体戦はあるけどああいう野球とかサッカーでのチームで分かち合う喜びって羨ましい。
[PR]
by hilariblog | 2009-03-25 16:11 | LIFE
某氏の語り vol.4(初ウィスラーからパブリックパイプ)
----------------------------------------
【某氏の語り一覧】
某氏の語り vol.1(スノーボードとの出会いから学生大会)
某氏の語り vol.2(学生大会からメーカーサポート)
某氏の語り vol.3(メーカーサポートから初ウィスラー)
某氏の語り vol.4(初ウィスラーからパブリックパイプ)
某氏の語り vol.5(パブリックパイプからキャンプ参加)
某氏の語り vol.6(すさんだ生活からウェンディ問題)
某氏の語り vol.7(マサ登場そしてライアン)

----------------------------------------
ほんでなコウジと一緒に山上がったんや、5月はウィスラーのほうはクローズしててブラッコムしか上がれへんにゃけどな。ブラッコム、でかかったなぁ、めちゃめちゃでかかった。コウジはやっぱりヘタクソやったわぁ、強烈にへたくそやった、そりゃ当たり前や、まだスノーボード三日目やもん、三日目でブラッコムデビューや。でもごっついがんばっとった、待っててもなかなか降りて来んくて一時間ぐらい待たされたりもしたけどほんまに一生懸命がんばとった。

そうそうその日なぁ、めっちゃめちゃ晴れてたんや。これは日焼けしてちょっと男らしくなりやなあかんなぁとか言うて。そんで何塗ったと思う?どっから聞いたかわからんけどきれいに焼けるらしいでぇとか言うてな。ニベヤやでニベヤ。ニベヤ塗ったんやわ。あかんでぇこれ、あかんわ、ほんっまに最悪やで。そらそうや、北米っちゅうたらめっちゃ紫外線強いし、しかもめっちゃめちゃ晴れとって雪の上で標高は二千メートル越えとるんやから。それに輪を掛けてニベヤは油、そらぁ~焼けまくるわ。これでなワシらもう顔ケロイド状態になったんや。ベロンベロンに皮むけてな、下の赤い皮膚がベロ~ン出とんねん。しかもなコウジはサングラス忘れてしとらんかったから目玉も焼けてな。

どうなったと思う?雪目とかそんな程度やないで。白目の皮がむけてきたんやで。アイツそのごっついひどい間は学校も休んでた。ワシはとりあえずベロベロやったけど学校行ってた、「ウワァ~」言われたりスペイン人とかメキシコ人の友達には「オーマイゴッド」とか言われとったけどな。
f0167757_18421795.gif

でもなんとか二人とも徐々に直ってった。
そんでな、その頃のブラッコムってな、6月はクローズすんねん、でもそのクローズの間もウィスラーには観光で何回か遊びに行ったわ。その時にこのカナダプランの重要イベントである「SNOBOARD SHOPのサマーキャンプ」申し込んだんやわ。一人でキャンプ参加やから不安もあったけどこれは楽しみやったねぇ、なんちゅうてもコーチに小川君がいたからな。

節約のためにホテル宿泊無しの参加プランにしたから泊まる所は自分で探さなあかんかった。ちゅうてもホテルなんか泊まる金無いからちょっと離れた所にあるBOOT PUBっていう飲み屋のバックパッカーに泊まる事にしたんやわ、1部屋に2段ベッドが何個かあるお決まりのやっちゃな。ここは普通のパブでありながらたまにバンクーバーのストリッパー呼んでストリップも開催されるステキな場所や。ウィスラーヴィレッジの中の宿泊は高いしここやったら一泊15ドルとかやったしな。キャンプ始まる二日前ぐらいにもうここに入ってた。

でもこのBOOT PUBからブラッコムのふもとまで歩いて行くと結構大変でなぁ、ブーツ履いて板持って歩いて行くわけやからほんま大変やったわ。行きは歩いて行ってたんやけど帰りにな、なんか四、五人道ばたに並んどるん見つけてな。よーく見たら親指出してグーのポーズでヘイヘイって感じでおるねん。「うわっこれヒッチハイクや!」ってすぐわかってな。しばらく見てたらそれなりになんかルールみたいなもんがあるっちゅうのがわかってな。一番前の人から車つかまえて徐々に後ろから前に繰り上がる、みたいな。止まる車の方もちゃんと一番前の人のとこで止まりおる。まあタクシー乗り場に並ぶシステムやわな。でも前もってヒッチハイカー同士で話しておいて同じ行き先やったら一緒に無理矢理乗るみたいな。ほんでワシもやってみたわ、初ヒッチは結構緊張したなぁ。でもすぐに止まってくれて、BOOT PUB!!ってオレが言うたらシュシューって軽快に行ってくれて別に会話はないんやけどサンキュベリマッチと笑顔でなんかやり取りでけた。

あ~そんで山の話な、ブラッコム上がったらキャンプのハーフパイプはるまだ造成中やったから、パイプは入らずフリーランしてた、でもなんか端の方に人がごっつい雰囲気盛り上がってて人もいっぱいおるところがあったんやわ。そこ行ってみたらなんとハーフパイプがあってな、ボロイ感じのパイプなんやけどキャンパーじゃなくても入れるフリーのハーフパイプやったんやわ。でもな、このパイプに入っとる連中がな、めっちゃめちゃレベル高いんや。日本にいる時もプロのパイプの大会とか見に行ってたけど全然そんなレベルちゃうで。めっちゃめちゃ飛んでるしパイプ滑るスピードもめっちゃめちゃ速くてな。「ヤッバぁ~」とか思いながらしばらく見てたらな、なんかどっかで見た人おるなぁって思ってた。ほんだらテリエがおるっちゅうの、テリエ。テリエハーコンセン。スノーボード知らん人も見とるかもしれんからあれやけどまあ言うたらごっつい人や、バスケで言うたらマイケルジョーダン、サッカーで言うたらロナウド、まあそんな感じやわ。(※過去に記載ですー)ごっつい大会でも優勝したりビデオにもいろいろ出てる人やな。「うわぁ~、テリエやぁ」って。他にはショーンパーマーもおる。「うわぁ~、ショーンパーマーやぁ」って。ジェフブラッシーもおる。「うわぁ~、ジェフブラッシーやぁ」って。

いやいや他にもいっぱいおるんですわ。まあみんなキャンプのコーチや。なんかこれ見てほんまジーンて感動してたわ。でもな、その中にごっついヘタクソな奴も滑ってんねんこれが。やっぱこのハーフパイプは誰でも入ってええパイプやからな、外人さんはそういうところ気にせえへん人が多い。日本の人ってこういう時引っ込み思案になってまいがちやけどカナダはその辺違う感じやったな。それ見てな「よっしゃぁワシも入るでぇ」ってな。これが不思議なことにな、一発入ったらあとは盆踊りと一緒や。おもろいのなんのってな、わざとテリエの後ろとか並んだりしてな。まだエアターンでけへんやつがテリエの後ろ並ぶわけや。
f0167757_193545100.gif

そんで何本か滑ってたらな。外国の人か日本の人かようわからん人がおってな。しばらく見てたんやけど、結構うまいねんその人、BURTONのKELLY AIRの板乗ってな。ドカーン飛ぶ訳じゃないねんけどちゃんとエアターンしててなぁ。丁度オレがその人の後ろに並んだ時にな、その人ワシに話しかけて来たんや。「いやぁ~みんなすごいねぇ」って、しゃべりながらドロップインして行きよった、ヒョウヒョウとしてるっちゅう感じやったなぁ。その人な、タカハシシンゴ(SEXON SUPER PEACE)やわ。

vol.4(初ウィスラーからパブリックパイプ) END
[PR]
by hilariblog | 2009-03-18 10:24 | 某氏の語り
シーズン初のピスト通勤
2009年度、初のピスト通勤です。
昨日道がかなり乾いていたので実行しようと思ったけど何となくやめてしまった。
今日こそは、ということで。

しかし。

100%のWETロードでした。
要レインタイヤってぐらいの。

ちょっと早く着きすぎたのでいつもの公園へ。
f0167757_10385213.jpg
全面雪でした…
こいでもこいでも進みません。

こうなるまではもう少し。
[PR]
by hilariblog | 2009-03-17 10:36 | ピスト
某氏の語り vol.3(メーカーサポートから初ウィスラー)
----------------------------------------
【某氏の語り一覧】
某氏の語り vol.1(スノーボードとの出会いから学生大会)
某氏の語り vol.2(学生大会からメーカーサポート)
某氏の語り vol.3(メーカーサポートから初ウィスラー)
某氏の語り vol.4(初ウィスラーからパブリックパイプ)
某氏の語り vol.5(パブリックパイプからキャンプ参加)
某氏の語り vol.6(すさんだ生活からウェンディ問題)
某氏の語り vol.7(マサ登場そしてライアン)

----------------------------------------

うれしかったねぇ、ほんまやってやろうって思ったねぇ。
f0167757_17345878.gif

板来るまでの時間長かったわぁ、ちゃんと言うと長く感じたっちゅう方が正しいな。でもな、ついに来たんや、来たわ。何が来たってあんた板やがな、板。何度も言うとるけど板やがな。今となってはもうなんぼほど見たかわからん細長いでっかいダンボールに入った板が来たがな。中開けたらプチプチにくるまれた板がおったっちゅうの、いやいやあかん、板っちゅうたら失礼や、スノーボードやスノーボード。すっばらしいスノーボードや。黄色のやつや、アポカリプスのjimi scottモデル149や。

感動したなぁ、jimi scott言うたら最近の若いもんにはあんまり印象ようないかもしれんけど、その当時のjimi scottっちゅうたらなかなかどうしていけとったんやから。ほいでもう早速その板にビンディング付けてな、ブーツも履いてウェアも着てグローブもしてビーニーかぶってゴーグル付けてや、部屋で板履いて軽くオーリーなんかかましてやぁ。やったやろぅ~、みんなもやったんちゃうん~、そのオレっちゅうたらそらぁもう決まっとったであんた、めちゃめちゃイケとったはずや。強烈に惚れ惚れするで。おかんにはうるさいっちゅうて怒られたけどな。
f0167757_18305016.jpg

さあ板は来た。
ほしたらそのあとせなあかんことはなんや。
まず調査や調査、いろいろ調べなあかんっちゅう事や。まずカナダで行く学校決めなあかんっちゅう事や。ウィスラーブラッコムに近い街はバンクーバーっちゅう街やっちゅうのがわかった。お馴染みの「地○○だまし方」いやいやそんな事言うたらあかん「○球の歩き方」とか他にもいろんな留学の本買って、あとは青山のカナダ大使館に直接行ってな、中野にあるワーキングホリデーセンターやったかな、そんな所にも行ったなぁ。ぜんっぜん英語話せへんのに直接向こうの学校に電話したりなぁ、ほんまようやった。そんで学費も含めていろいろ予算考えて、結局バンクーバーのVAN WESTっていう英語学校に決めたんやわ。そんでそこに合わせてお願いしてホームステイ先も決まった。向こうから入学許可証送って貰ってからこっちで学生ビザ申請して。業者に頼んだらごっつい金取られてまうから全部自分でやったんやけどどれもスムーズには行かんかったなぁ。まあいろいろ時間掛かったけどとにかく何とか行く準備は出来た。
そんで出発は確かゴールデンウィーク明けやったな、その辺から航空券も安くなるから。片道のチケットを格安航空券で買ってな、行ったわ成田空港、まだ第二ターミナルなんてなかったから北ウィング南ウィングとかいう呼び名でな。なんか見送られるん気分的に嫌やったから彼女には来んでええってごっつい勝手な事言うてな、出国したわ。

バンクーバー着いたらいてはった、恒例のオレの名前手書きで書いた紙持って白人のごっついおっちゃんが立ってはったわ。ホームステイ先のおっちゃんや。そっからそのおっちゃんの車に乗ってどっかに連れて行かれる感じでブ~~ンておっちゃんの家行った。まあ素朴なカナディアン家族って感じで良かったしおばちゃん、おっちゃんもええ人やった。

ところがなぁ、大変なことがあったわ。子供が二人おるんやけどご~~っついやんちゃやったんや。見た目はほんま青い目でめっちゃかわいいやつなんやけどもうとにかくずーっと一緒に遊んでなあかんっちゅう感じ。最初は良かったけどほんま疲れたわぁ。わっけわからん外国物のキャラクターグッズで遊んでなぁ、オゥーノゥー、アイガッチャとか言うてごっこ遊びするんやわ。もちろんいっつもオレが悪役やった。

英語学校は日本人多かったなぁ。多い多いとは聞いてたし実際覚悟しとったたけどあんなにおるとは思わんかったわ。でもこの学校がほんま運命やったな、これからの運命を握っとった。そんで言うたらそのやんちゃな子供もワシの運命にぎっとったっちゅう事でもあるわ。
f0167757_18324785.jpg

その行ってた学校は何階建てかの建物の二階にあってな、ランチタイムには大半が一階にあるカフェテリアに集まるっちゅうシステムになってたんやわ。ワシ、おんなじクラスの奴にスノーボード持って来てるっていうのを言うてたんやけど、その当時はまだわざわざスノーボードするためにバンクーバー来てる奴なんてめったにおらんから、ええ~?!わざわざぁ?!ってびっくりされたなぁ。でもそいつが「そう言えばもう一人誰かわからんけどそんな奴が学校におるで」ってな事を言いいよったんや。ワシもへえ~誰かなぁって思ってた。

そんである日ランチタイムのカフェテリアで席に座ってたらな、「すんませんここ相席ええですかぁ?」っていかつい顔のピアスした兄ちゃんが寄って来たんや。ホームステイしてる生徒はみんなサンドイッチとジュースをホストファミリーから持たされるんやけど、そいつのサンドイッチがこれがまたごっつい貧祖でなぁ、ジュースもなんか青汁みたいなめっちゃまずそうなジュース持たされとっていきなり強烈なインパクトやったわ。「ステイ先ベジタリアンなんですわぁ」ってオレが聞いてもおれへんのに言うて来たりして。でもなんかいろいろ話してみたらそいつめっちゃ感じが良くてなぁ、しかも「人間いつ死ぬかわからんから何か好きな事やろうと思ったんですわ」ってオレとおんなじ事言うとったんや。ほいでここでわかったんや、こいつやった、こいつ。スノーボード持って来てるっちゅう奴。さらにやで、スノーボード二回しかした事ないんやて。こいつはおもろいやっちゃなって思ったわ。

「ほんならウィスラーブラッコム一緒に滑りに行こや」って事になった。
そいつの名前はな、テラノブコウジっちゅうねん。今はすっかり工場で働く普通のサラリーマンやけどな、元ドラゴン、ORIGINAL SINのライダーや。ドラゴンはP.I.C.が始めた時から契約しとったと思う。今のオレの大親友の一人や。

カナダ来て二週間ぐらいしてからかな、ついにコウジと一緒にウィスラーに行ったんやわ、一泊二日やったかな。今はもうめっちゃでかいんやけど、ふもとにしょっぼい町っちゅうかウィスラービレッジっていう村があってな、これがええ雰囲気でな、平和っちゅうかなごやかっちゅうか。しょぼくて小さいけどほんまにええ所やわ。

ああ~!?これ言うの忘れてた!!
そうそうオレな、実は大学の時、大手スポーツ量販店でバイトしてたんやわ、神田にあるヴ○クトリアっちゅう所で。そこで一緒に働いてた人からな、ウィスラーのA3っていうスノーボードショップ(今はもう無い)で友達が働いてるって聞いてたんやわ。
ウィスラー行った時その人訪ねたんやけど残念ながら日本に帰ったって言われた。
残念やったなー。
その人な、dmk GLOBALのフサキさんやねん。
おもろいよなー、いろんなとこでつながっとるよなー。
後々プロテクターのメーカーサポートとか人を紹介してくれたりとかいろいろお世話になったわ。

vol.3(メーカーサポートから初ウィスラー) END
[PR]
by hilariblog | 2009-03-16 10:23 | 某氏の語り
某氏の語り vol.2(学生大会からメーカーサポート)
----------------------------------------
【某氏の語り一覧】
某氏の語り vol.1(スノーボードとの出会いから学生大会)
某氏の語り vol.2(学生大会からメーカーサポート)
某氏の語り vol.3(メーカーサポートから初ウィスラー)
某氏の語り vol.4(初ウィスラーからパブリックパイプ)
某氏の語り vol.5(パブリックパイプからキャンプ参加)
某氏の語り vol.6(すさんだ生活からウェンディ問題)
某氏の語り vol.7(マサ登場そしてライアン)

----------------------------------------

f0167757_1134113.gif

聞いたらびっくりすんでほんまそのルーティーンも。聞きたい?言いまひょか?

ええっとねぇ、一発目フロントサイドからですわ、ここでねぇいきなりメソッドトゥフェイキーですわ、そんでフェイキーからキャバレリアル、そんで360、エアターンでけへんのバレバレでっしゃろ?でも次はエアターンですわ、これがでも何か微妙ぅ~~なインチキくさ~いエアターンでねぇ、一応メランコリー風味のグラブして、次ですわ、ここがまあ最後の壁になるんやけど、ここで何とジェーテアエアーですわ。

知らんやろなぁ、ジェーテアエアー。

当時バートンにいたマイクジャコビーって人のトリックなんですわ。これがねぇ、まだ大会でクリップラー、まあ要するに手を付かない縦回転は禁止やったんですわ、なんやようわからんけど縦回転は危ないからっちゅう理由なんやけどそれをまあご丁寧にわざわざ途中で手を付く技なんですわ。

まあ今考えたら激ヘボ技ですわ。でもねぇ、得点高いんですわ。このルーティーンをひたすら練習してねぇ。そんで学生大会に挑んだんですわ。予選一本目のランでねぇ、練習通りバッチリ出来てねぇ、何と一次抜けですわ、6位で一発抜けです。最終順位6位までが全日本行きですわ。これは来たなって思いましたね、にやりって俺のプランは間違いないって思いましたね。

そんで決勝ですわ、決勝は2本あってこれがまた1本目バッチリ完璧最高ランですわ。大してギャラリーもおらんのやけど結構盛り上がってねぇ、俺のメソッドトゥフェイキー何て結構ワァー、イェーって感じでしたわ。

エアターンでけへんのもバレてないわって。

そんで決勝2本目ですわ。これミスらんかったら全日本決まりやろって思ったねぇ、順調に滑っててねぇメソッドトゥフェイキー、キャバレリアル、360っていって次のインチキエアターン、ここでねぇ、ごっつい壁の具合が変わっとるんですわ。みんなおんなじ所滑る訳やから、そら壁も削れるわなぁ。1本目はたまたまええ所入ったみたいやけど、2本目ごっつい感じ悪い所入ってねぇ、でも何とかインチキかましてエアターンしたんやけどめっちゃ横飛びになったんですわ、体勢何とか保って転けへんようにしたんやけど、何とねぇ、フィニッシュライン通過ですわ。アレ???って感じでねぇ。一番の得点所帯のジェーテアエアー欠落ですわ。参ったなぁってね。結局ねぇ、残念無念の8位ですわ。全日本行けずですわ。
f0167757_11445282.gif

後々何年か後にリザルト見たらねぇ、上位にはking-garage-magazineのデカ長の名前とかありましたわ。まぁええんやけど、いつか直接言うたろかいなって思ってたんやけどねぇ。

とにかくこれでねぇ、オレのプランはやはりあかんかった訳ですわ。こっからオレ又考えたね、どうするかってね。買ってた雑誌をいろいろ引っ張り出してね、当時はSNOW STYLEとSNOWingしかなかったし、もちろんインターネットなんか普及しとらん時代や。

それでもねぇ、雑誌から見つけたんですわ、小川君、小川マサト君ですわ。単身でカナダに行ってねぇ、年間滑走日数300日とか書いてて、帰国していきなりの大会で優勝ですわ。めちゃめちゃかっこええって思いましたね。後で知り合う事になったけど対面した時に緊張したんもよう覚えてますわ。その300日ってのにほんまびっくりしましたね。ちゅう事はなんや、夏も滑れるっちゅう事やろってねぇ。

ほいで調べたらサマーキャンプっちゅうのがあるって知ったんですわ。
これや!!って思いましたね。

そんでもう大至急その準備ですわ。ここで又ねぇ、贅沢な事にどうせ海外行くなら語学留学っちゅう事で行こうって決めてね。車も売って親に金借りてその当時付き合ってた彼女にもカナダに行くって言ってね。結局、5月に出発して7月のサマーキャンプに参加して11月に帰って来て冬のために働いて大会出て全日本決めようっちゅうプランですわ。甘いなぁ、これ又今考えたらびっくり仰天ただの語学旅行プランでんなぁ。
f0167757_11515421.gif

そうやそうやそんで又、他に俺ごっつい事したんですわ。これ、言うとくわ。

確かねぇ、北志賀ハイツ行った時やったかな。なんか仲良くなった人がいて、その人乗ってたんがKEMPERの板やって、その板どこで買うたん?って聞いたんやわ。

その人、「いや、これ、スポンサーから貰ってる」って言いよってなぁ。
「え~~っスポンサー!!」って感じでねぇ。この世はそんなシステムあるんかいなってねぇ、これは俺も挑むしかないって思いましたわ。

速攻いくつかメーカーの電話番号調べて掛けてんやけどもちろん門前払いやって、でもその中にアクティブコレクションっていう展示会が池袋のサンシャインであるからその時に何か資料を持って来てって結構ぶっきらぼうに言われたんですわ。

そうか、その場がそういう交渉の場なんやなって思ってね。これまた、今考えたらごっつい適当な資料と学生大会8位っちゅうなんかどうなんかようわからん戦績持って行ってね。アクティブコレクションに入るのに名刺提示せなあかんかって親の勤めてる会社の名前で入ってねぇ。

まずその持って来てくれって言われたメーカーに行ったけどなんかごっつい愛想悪くてねぇ。
渡したけど見てくれたんかようわからんなぁ。

そんで他のメーカーにも直接「ライダー募集してませんか?」って行ったんやけどやっぱりあかんかったわなぁ。

でもな。
一つだけアポカリプスっていう板のメーカーだけが真剣に話を聞いてくれて俺のしょぼい資料も受け取ってくれてな、絶対プロになりたいんですっていう熱意も伝える事が出来たんですわ。まあ、そんで後日電話をくれるって事になってねぇ。まあ内心、ほんまに電話来るんかなぁって思ってたんやけどな。

でもこれが、来ましたわ、電話。
そんでその話しの内容はなんと、「板一本やるからカナダがんばって行って来い」と。
f0167757_10581976.gif

うれしかったねぇ、ほんまやってやろうって思ったねぇ。

vol.2(学生大会からメーカーサポート) END
[PR]
by hilariblog | 2009-03-12 11:00 | 某氏の語り
某氏の語り vol.1(スノーボードとの出会いから学生大会)
----------------------------------------
【某氏の語り一覧】
某氏の語り vol.1(スノーボードとの出会いから学生大会)
某氏の語り vol.2(学生大会からメーカーサポート)
某氏の語り vol.3(メーカーサポートから初ウィスラー)
某氏の語り vol.4(初ウィスラーからパブリックパイプ)
某氏の語り vol.5(パブリックパイプからキャンプ参加)
某氏の語り vol.6(すさんだ生活からウェンディ問題)
某氏の語り vol.7(マサ登場そしてライアン)

----------------------------------------

先日、ある話しの時に 「【某氏の語り】ってどないなったん?」と言われました。
「おもろかったよなー、続き読みたいわ」って。
うれしいこと言ってくれた。

【某氏の語り】とは、過去の僕のサイトで公開していたインタビュー(?)です。
最初に公開したのはもうかれこれ10年前ぐらいになるでしょうか。

そのありがたいリクエストにお答えし、昔のファイルを探し出しました。
またもや恥ずかしながら公開します。
その当時作った画像もリサイズして公開します。
あまりに長文のところもあるのでいくつか分割します。

でも途中のファイルが見当たりません…
見つけ次第、公開します。
長文をご覚悟ください。

では、vol.1(スノーボードとの出会いから学生大会)、どうぞ。

----------------------------------------

※若干の専門用語を使用しております、ご了承下さい。

いきなりあれなんやけどなぁ・・・
f0167757_1122336.gif

スノーボードに出会った事で世界がめちゃ広がりましたわ。ほんま、それまで何っちゅう事ない普通の生活やったしね。何よりの人生の転機はカナダに行った事やわね。

ほんま頭プッチン切れてカナダ行ったんですわ、そうそん時ちょうど大学卒業の時やったんですわ、今時期と違ってほんま日本景気良かった時やから大卒なんて就職率100%に限りなく近い時ですわ、現に同期の奴らの就職先なんて名の通った会社ばっかりやしなぁ。

俺もねぇ一応就職活動もしてほぼ入る会社も決まってたんやけど何かねぇ、急にこれでは俺はあかんのちゃうかとか思ったんですわ。

考えたら多くの人達がそう思っとるんやろうけど、その仕事って俺のほんまにやりたい事ではなかったんやねぇ。ココで死んだらっちゅうか死んだら後悔も糞もないんやけど、もしそないなったらこれは後悔満点やわっていきなり思ってしもたんですわ。そんで、ほな一番俺のやりたい事って何やろ?って考えて、そしたら何と、スノーボードしかないわって思ってもうたんですわ。それで食っていけるとかじゃなくてとにかくこのやりたい事をベースにしようって決めたんですわ。とにかくギャルの事でも何でも一度盛り上がったらもうそら誰も止められまへんっていう俺やからそっからもう突っ走りですわ。もう4回生の秋やっちゅうのになぁ。ほんまやったら就職決まってみんな極楽極楽っちゅう時に。
f0167757_11283523.gif

そんでその4回生卒業間際の冬にJSBA(日本スノーボード協会)の大会に出たんですわ、関東大会、ハーフパイプですわ。これで勝ってトントンと行きましょうっちゅうめっちゃ甘甘なプランを立ててねぇ。今みたいな強烈なジャムセッションとかやるほどの人数ではないんやけど1次予選で上位8人抜けて9位から32位が2次予選、その2次予選での上位8人が抜けて決勝は16人っちゅう感じで今と同じパターンちゃうかな。まあ1次予選は通ったけど2次予選で転けてそこでハイ終わりみたいな。でもまあ2回滑れたしええか、みたいな。

もうそっからさらに輪を掛けて突っ走りがヒートアップしてまいました。何か調べたら学生大会っちゅうのもあるやんけって判明して。しかもそれで上位入ったら全日本っちゅうのに行けてその上位に入ったらプロになれるらしいってそこで知ったんですわ。まあ関東大会でももちろん上位に入ったら行けるんやけどそんなん具体的には知りまへんでしたわ。

その当時なんてパイプある所なんてほんまに限られててそのパイプも今のパイプしか知らん人見たらびっくり仰天ヘボヘボパイプでっせ。そんで何日か練習してねぇ、ファースト石打とか北志賀ハイツとか行ってねぇ。今やハイツ何てほんまに素晴らしいパークがあるらしいなぁ。(今(2009年3月現在)は閉鎖されています)とにかくまだエアターンもろくにでけへんのにプロになろうと思っとるんやからビビるよなぁ。それでもなんとかルーティーン考えてねぇ。
f0167757_1134113.gif


vol.1(スノーボードとの出会いから学生大会) END
[PR]
by hilariblog | 2009-03-11 10:42 | 某氏の語り
ルスツ(クラスト&アイシー)
ルスツ行きました。
でも寒風で強烈なクラスト、ゲレンデもアイスバーン多し。
f0167757_1125429.jpg

でも快晴で景色は良かった。
↓こちらで大きめ写真見てください。
hilari journal: ルスツからの景色
[PR]
by hilariblog | 2009-03-09 11:06 | スノーボード
スノーボードを並べてみた
今家にはどのボードがあるんやっけ???

と、気になったので並べてみた。
f0167757_14115873.jpg

左から
BURTON MysteryAir
MOVEMENT 151
JOYRIDE 148
TYPE A NateCole
ROSSIGNOL Marble KAYA

一番左のBURTON Mystery Air。
クレッグケリーのシグネチャーです、僕がスノーボードを始めた板、大切にとってあります。

f0167757_1412412.jpg
ソール、それぞれ特徴的。

f0167757_14121121.jpg

MOONLIVE Garden 151
MOONLIVE Garden 158
MOONLIVE Interview 158
MOONLIVE Intermind 158
MOONLIVE Theater 162
MOONLIVE Garden 162
MOONLIVE Atelier 162(限定色)
CAPITA HorrorScope FK 157
EGF EXPLORER 173 LIMITED EDITION

f0167757_14121771.jpg
ソール、日本の中にアメリカ。

f0167757_14122270.jpg
全部並べてみたくなった。
VIVALOも一緒に w


乗ってた板もっととっておけば良かったな。
APOCALYPSE、JOYRIDE、40BELOW、SHORTY'S、KING、WINTERSTICK、TWELVE。
いろんな板、乗りました。

f0167757_14122758.jpg
そして、MY OWN RAILを延長しました。

hilari journal: MY OWN RAILを延長
[PR]
by hilariblog | 2009-03-03 14:30 | スノーボード